カテゴリー別アーカイブ: 火災予防

文化財防火デーに伴い、文化財防火立入検査を実施しました!

 当消防組合管内である鯖江市と越前町の文化財を護るために、鯖江市役所や越前町役場および北陸電力丹南支社の職員の方々と合同で防火立入検査を実施しました。

 今回は8つの文化財を回り、火気の適正な管理や出火防止対策等の防火防災体制の確認を行いました。

IMG_5679

IMG_5729

 

IMG_3213

IMG_3219

IMG_3222

※「文化財防火デー」とは

昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。このような被害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から、消防庁と文化庁の共唱により、法隆寺金堂が焼損した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財防火運動を全国で展開しています。  

 

平成29年鯖江市消防出初式開催!!

鯖江市の消防団員、各町内自警隊および消防職員が一同に集い、災害に強い鯖江市をめざして、「鯖江市消防出初式」を開催します。是非お越しください。

■日時 平成29年1月7日(土)午前8時00分から午前10時30分                ■場所 鯖江市嚮陽会館およびその周辺                                ■実施内容                                                      (1)分列行進 8:00~8:20  (ワイプラザ鯖江店南側県道)                  (2)式   典 8:35~9:35  (鯖江市嚮陽会館 多目的ホール)              (3)一斉放水 9:50~10:30 (鯖江市嚮陽会館 駐車場)                   ①中河分団纏演技                                           ②一斉放水                                               ③木遣り、纏振り、梯子乗り                                     ④消防三本締め                                            ⑤まとい餅、お札配布

%e7%84%a1%e9%a1%8c

問合先 鯖江・丹生消防組合 消防署 庶務課 ℡0778-54-9113

 

 

ストーブによる住宅火災が毎年発生しています~石油ストーブは給油時に、電気ストーブはつけっぱなしにご注意ください~

 製品評価技術基盤機構(NITE)によると、家庭で使う電気ストーブなど暖房機を巡る事故が今年3月までの約5年間で975件あり、誤った使い方や不注意による事故が目立っているとして注意を呼び掛けております。事故の多くは火災を伴い、火災や一酸化炭素中毒など85件で計95人の尊い人命が失われておりますので、使用方法を今一度確認してください。

 特に、暖房機を使用するときは、近くに可燃物を置かず、外出や就寝時には電源を切り、給油時はカートリッジタンク等の蓋が確実に閉まっているか確認してください。 

住宅用火災警報器の設置状況特別調査と維持管理の広報活動を実施しました!

日  時 平成28年11月6日(日)
実施者 鯖江市防火協会役員・鯖江市女性防火クラブ員・消防職員
実施場所
      調査 鯖江市下野田町
      広報 鯖江市有定町 パワーシティ鯖江ワイプラザ
目 的  
     今年で住宅用火災警報器の設置義務から10年が経過する折 
    当初設けた住宅用火災警報器の電池切れ、機器本体の交換が
    必要となる時期を迎え、維持管理の徹底と条例適合設置率100
    パーセントを目指すため、現在、管内全世帯を戸別訪問し、住宅
    用火災警報器の設置状況調査等行っております。
     この調査を、秋の火災予防運動の前に、鯖江市女性防火クラ
    ブ員と共に行い、更なる設置率の上昇と住民に対する防火意識
    の高揚を図ることを目的とし行いました。
     また、同時に住宅用火災警報器の維持管理と設置促進の広報
    を含めた、火災予防運動をパワーシティ鯖江ワイプラザにて、鯖
    江市防火協会役員と実施しました。
出発式
    pb060025  
    pb060017
調査
    img_20161106_100436
    img01364
広報活動
    img_5387
    img_5400
閉会式
    img_5434
    img_5438

かに茹で場の立入検査を実施しました。

 11月6日(日)の越前がに漁の解禁に伴い、かに茹で場の立入検査を実施しました。

img_2035

 越前町は「越前がに」の水揚げが最も多く、鮮魚店や料理店など、かに茹で場が約40施設あります。繁盛期を迎えるにあたり、ガスや灯油ボイラーの配管、灯油タンクなどの亀裂や損傷を点検し、防火意識の高揚を図っています。

img_2034