カテゴリー別アーカイブ: 火災予防

住宅密集地域火災防御訓練を実施!

 平成29年4月23日(日)に鯖江市屋形町、および鯖江公民館周辺一帯において、消防車両18台、消防職・団員150名、地元区民110名が参加し、住宅密集地域火災防御訓練を実施しました。

 この訓練は昨年12月に発生した新潟県糸魚川市での火災、ならびに今年2月に越前市蓬莱町で発生した火災を受けて実施したもので、当日は、消防署・消防団が連携した車両の配置、人員体制、飛び火の警戒、周辺建物への注意喚起、必要に応じた緊急避難の指示などの体制を確認し、住宅密集地域火災の延焼拡大防止対策の徹底を図りました。

 また、地元区民による通報訓練、避難誘導、炊き出し、初期消火訓練も同時に行われ、自主防災組織の充実を図りました。

 IMG_4664

IMG_4698

P4230733

IMG_4680

IMG_4704

IMG_4657

IMG_4685 

IMG_4683

平成29年春の火災予防運動を実施します!!

実施期間 平成29年3月20日(月)から26日(日)までの7日間

「実施目的」 
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。
☆火災を発生させないため、火の用心7つのポイントをお守り下さい。
 
<火の用心 7つのポイント>
①家のまわりに燃えやすいものを置かない。
②寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。
③天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
④風の強いときは、たき火をしない。
⑤子どもには、マッチやライターで遊ばせない。
⑥電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない。
⑦ストーブには、燃えやすいものを近づけない。hinoyoujin
 

文化財防火デーに伴い、文化財防火立入検査を実施しました!

 当消防組合管内である鯖江市と越前町の文化財を護るために、鯖江市役所や越前町役場および北陸電力丹南支社の職員の方々と合同で防火立入検査を実施しました。

 今回は8つの文化財を回り、火気の適正な管理や出火防止対策等の防火防災体制の確認を行いました。

IMG_5679

IMG_5729

 

IMG_3213

IMG_3219

IMG_3222

※「文化財防火デー」とは

昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。このような被害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から、消防庁と文化庁の共唱により、法隆寺金堂が焼損した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財防火運動を全国で展開しています。  

 

平成29年鯖江市消防出初式開催!!

鯖江市の消防団員、各町内自警隊および消防職員が一同に集い、災害に強い鯖江市をめざして、「鯖江市消防出初式」を開催します。是非お越しください。

■日時 平成29年1月7日(土)午前8時00分から午前10時30分                ■場所 鯖江市嚮陽会館およびその周辺                                ■実施内容                                                      (1)分列行進 8:00~8:20  (ワイプラザ鯖江店南側県道)                  (2)式   典 8:35~9:35  (鯖江市嚮陽会館 多目的ホール)              (3)一斉放水 9:50~10:30 (鯖江市嚮陽会館 駐車場)                   ①中河分団纏演技                                           ②一斉放水                                               ③木遣り、纏振り、梯子乗り                                     ④消防三本締め                                            ⑤まとい餅、お札配布

%e7%84%a1%e9%a1%8c

問合先 鯖江・丹生消防組合 消防署 庶務課 ℡0778-54-9113

 

 

ストーブによる住宅火災が毎年発生しています~石油ストーブは給油時に、電気ストーブはつけっぱなしにご注意ください~

 製品評価技術基盤機構(NITE)によると、家庭で使う電気ストーブなど暖房機を巡る事故が今年3月までの約5年間で975件あり、誤った使い方や不注意による事故が目立っているとして注意を呼び掛けております。事故の多くは火災を伴い、火災や一酸化炭素中毒など85件で計95人の尊い人命が失われておりますので、使用方法を今一度確認してください。

 特に、暖房機を使用するときは、近くに可燃物を置かず、外出や就寝時には電源を切り、給油時はカートリッジタンク等の蓋が確実に閉まっているか確認してください。