カテゴリー別アーカイブ: 安心安全情報

ストーブによる住宅火災が毎年発生しています~石油ストーブは給油時に、電気ストーブはつけっぱなしにご注意ください~

 製品評価技術基盤機構(NITE)によると、家庭で使う電気ストーブなど暖房機を巡る事故が今年3月までの約5年間で975件あり、誤った使い方や不注意による事故が目立っているとして注意を呼び掛けております。事故の多くは火災を伴い、火災や一酸化炭素中毒など85件で計95人の尊い人命が失われておりますので、使用方法を今一度確認してください。

 特に、暖房機を使用するときは、近くに可燃物を置かず、外出や就寝時には電源を切り、給油時はカートリッジタンク等の蓋が確実に閉まっているか確認してください。 

9月9日『救急の日』を含む救急医療週間に各種行事を行いました。

9月9日『救急の日』を含む救急医療週間(9月4日~10日)において救急に関する様々な普及啓発運動を実施しました。内容は以下のとおりとなっております。

〈広報活動〉 

  ・消防庁舎に救急横断幕の設置

 ・「救急の日」「応急手当の必要性」に関するのぼり・ポスター掲示

 ・巡回広報(車両にマグネット板貼付)

 ・鯖江・丹生消防組合ホームページ掲載

 ・広報さばえ9月号掲載

img_6198  

 

img_6193

 

img_6236

 

〈普通救命講習の実施〉 

 ・期間中、定期講習を含め各種団体、事業所に対して計3回実施し、 54名の受講がありました。

 

〈救急寸劇の実施〉 

・光道園・朝日事業所、鯖江市高年大学において「救急車の適正利用」「応急手当の必要性」を題材とした救急寸劇を実施しました。若手職員が喜劇俳優に扮し、面白おかしく披露しました。

 dsc04297

 

dsc04303

dsc04308

 dsc04314

 

〈その他〉  

・市内中学生を対象とした普通救命講習の実施を予定しております。これからの社会を担っていく若い世代に命の尊さ、大切な家族、友人が病気やけがで倒れた際の応急手当・救命処置の重要性について実技を中心に学んでいただきます。

 

平成28年度第1回救急医療勉強会を開催しました。

8月30日(火)19時から鯖江市文化の館において、救急医療週間を前に平成28年度第1回救急医療勉強会を開催しました。

IMG_3502

公立丹南病院の副病院長であります小児科の布施田医師を講師にお招きして今回は「食物アレルギーとエピペンの使い方について」という内容で、医療関係者や保育士、一般の方、消防職員などを対象に実施しました。

 

食物アレルギーは食後30分以内に症状が出現し、運動することにより症状が悪化することや、アナフィラキシー症状か判断に戸惑う時には迷わずエピペンを使用するなど、多くのことを学ばせていただきました。

IMG_3504

 

アナフィラキシーショックが起きた場合を想定し、エピペン(訓練用)を使用する練習も行いました。

IMG_3508

最後にはたくさんの方が質問され、有意義な勉強会となりました。

 

 

 

 

11月定期普通救命講習・日程変更のお知らせ

 毎月第2土曜日に開催しております定期普通救命講習の日程変更をお知らせします。11月の定期普通救命講習につきましては、11月12日(土)から11月26日(土)(第4土曜日)へ変更いたします。実施時間につきましては従来通り午前9時から12時までとなっております。

 みなさまにはご不便、ご迷惑をお掛けいたしますがご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

   鯖江・丹生消防組合消防署・救急担当 0778-54-9115(直通)

 

あなたの勇気が命を救う!                      9月9日は「救急の日」です。

AED あなたの勇気がを救う!!救急車2   

 

 9月9日「救急の日」です。この救急の日を含む1週間を「救急医療週間」(今年は9月4日~10日)とし、住民の皆様に救急について理解を深めて頂く運動をしています。

 

救急車の適正利用!! 救急車

 

 近年、症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」「どこの病院に行けばよいかわからない」「便利だから」「困っているから」等の理由で救急車を呼ぶ方が増えています。

 救急車は24時間いつでも安全に病院等へ搬送しますが、救急車の台数には限りがあります。いざという時の皆さん自身の安心のために、緊急時に誰もが利用できる救急車の適正な利用にご協力ください!!

       

 〈 実際に救急車が呼ばれた例 〉

 

・蚊に刺されてかゆい  

・病院でもらった薬が無くなった

・海水浴に行って、日焼けした足がヒリヒリする 

・今日入院予定だから、病院に行きたい

・紙で指を切った。血は止まっているが… 

・ヘルパーを呼んだが来てくれないので代わりに呼んだ

・病院で長く待つのが面倒なので呼んだ

・etc…

 消防署では、大人や子供に対する心肺蘇生法やAEDの使い方、窒息時の除去法、止血法等の様々な救急講習を実施しています。受講希望や救急に関することは下記の連絡先までお問い合わせください。 

       問合せ先  鯖江・丹生消防組合消防署 

      電話番号  54-9115(救急担当直通)  

 

消太吹き出し