全国最優秀賞を受賞!!

平成27年度 消防機器の改良及び開発並びに消防に関する論文において、鯖江・丹生消防組合初となる、全国最優秀賞を受賞しました。(左から)関消防司令補、山本消防司令、直井消防司令補

 

昨年応募した、「とび口の柄の形状改良について」、全国133作品の中から厳正な審査の結果、みごと最優秀賞に選ばれ、この度、平成28年6月9日(木)大阪市で開催された第68回全国消防長会総会において表彰を受賞しました。

IMG_4451 DSC_0188 IMG_4717
 表彰式の様子(左から)関消防司令補、直井消防司令補、山本消防司令  発表する直井消防司令補 受賞者記念撮影

消防機器の改良及び開発並びに消防に関する論文の募集等については、消防職員の資質の向上と消防の発展に寄与することを目的に、一般財団法人全国消防協会が行っているものです。また毎年、約150件の優秀な作品が応募されており、その高い有用性や実用性は、消防職員からの反響のみならず、商品化、製品化を希望する企業からの照会が増えてきているのが現状です。

この受賞を受けて、山本消防司令は「他の職員らの協力もあり受賞につながった。改善点もあるが、今後広く普及してほしい。」と期待しています。なお、本作品については意匠登録出願中です。