文化財防火デーに伴い、文化財防火立入検査を実施しました!

 当消防組合管内である鯖江市と越前町の文化財を護るために、鯖江市役所や越前町役場および北陸電力丹南支社の職員の方々と合同で防火立入検査を実施しました。

 今回は8つの文化財を回り、火気の適正な管理や出火防止対策等の防火防災体制の確認を行いました。

IMG_5679

IMG_5729

 

IMG_3213

IMG_3219

IMG_3222

※「文化財防火デー」とは

昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。このような被害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から、消防庁と文化庁の共唱により、法隆寺金堂が焼損した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財防火運動を全国で展開しています。