カテゴリー別アーカイブ: 高機能消防指令センター

119番通報要領

119番通報の中には「火事です早く!」や、「事故です!早く来て!早く!」のみの通報では消防車や救急車が現場に行くことができません。出動に必要なのは的確な情報です。火災・救急が分かった時点で出動準備をしますので、落ち着いて係員の質問に答えてください。ご協力をお願いします。

次の要領で「正確な通報」に心がけて下さい。

災害(火災・救急)が発生!!

119番通報

「何があったのか落ち着いて係員に話してください!」

もしもし!!

消防署です。
    火事ですか?                      
救急ですか?

                               

 「火事です。」

場所はどこですか?

 「○○町○丁目○-○です。○○公民館の○側です。」(その他学校や店舗、交差点、公園など)

何が燃えていますか?

 「○○が燃えています。」
(家や小屋、車や枯れ草など)

どこが、どのくらい燃えていますか?

天ぷら油に火がつき、天井まで届きそうです。

逃げ遅れやけが人はいませんか?

「逃げ遅れた人、けが人がいます。」

 

 「救急です。」

場所はどこですか?

 「○○町○丁目○-○です。○○公民館の○側です。」(その他学校や店舗、交差点、公園など)

どうしましたか?

 「○○さんが急に倒れました。」
(交通事故やけがなど、なぜ救急車が必要なのか具体的に言ってください。)

意識、呼吸はありますか?どんな様子ですか?

「意識、呼吸がありません。」
(意識・呼吸の有無を確認する。意識・呼吸が無い場合は心肺蘇生法をお願いします。)

病歴やかかりつけの病院を教えてください。

高血圧と糖尿病があります。○○病院にかかっています。

 最後に

今かけている電話番号とあなたの名前をお尋ねします。

「私の名前は○○○○です。電話番号は○○―○○○○です。」

(出場指令後、詳しい状況を確認するため電話をすることがあります。状況により消防車、救助工作車、救急車を追加で出動させます。)

消防署からのお願い

○119番通報時に「サイレンを止めてきてほしい」という方がおられますが、救急車や消防車は緊急自動車です。赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして走行するように法律で義務付けられています。家の近くに誘導に出ていただき、場所が確認できればサイレンを考慮しますので、ご理解とご協力をお願いします。

○119番通報には、いたずらや間違い電話が大変多くかかってきます。電話を触っているだけでも119と偶然押してかかってしまうこともあります。また、間違った時には、無言で切らずに「間違いです。」と、はっきりお答えください。

○119番通報は火災・救急等の災害を通報する緊急回線です。災害や休日当番医等のお問い合わせはしないでください。お問い合わせはテレホンサービス51-3355へお電話ください。自動音声が流れます。