カテゴリー別アーカイブ: 消防本部

住宅用火災警報器の設置状況特別調査と維持管理の広報活動を実施しました!

日  時 平成28年11月6日(日)
実施者 鯖江市防火協会役員・鯖江市女性防火クラブ員・消防職員
実施場所
      調査 鯖江市下野田町
      広報 鯖江市有定町 パワーシティ鯖江ワイプラザ
目 的  
     今年で住宅用火災警報器の設置義務から10年が経過する折 
    当初設けた住宅用火災警報器の電池切れ、機器本体の交換が
    必要となる時期を迎え、維持管理の徹底と条例適合設置率100
    パーセントを目指すため、現在、管内全世帯を戸別訪問し、住宅
    用火災警報器の設置状況調査等行っております。
     この調査を、秋の火災予防運動の前に、鯖江市女性防火クラ
    ブ員と共に行い、更なる設置率の上昇と住民に対する防火意識
    の高揚を図ることを目的とし行いました。
     また、同時に住宅用火災警報器の維持管理と設置促進の広報
    を含めた、火災予防運動をパワーシティ鯖江ワイプラザにて、鯖
    江市防火協会役員と実施しました。
出発式
    pb060025  
    pb060017
調査
    img_20161106_100436
    img01364
広報活動
    img_5387
    img_5400
閉会式
    img_5434
    img_5438

平成28年秋の火災予防運動を 実施します!!

実施期間 平成28年11月9日(水)から15日(火)までの7日間

「実施目的」 
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。
☆火災を発生させないため、火の用心7つのポイントをお守り下さい。

<火の用心 7つのポイント>

①家のまわりに燃えやすいものを置かない。
②寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。
③天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
④風の強いときは、たき火をしない。
⑤子どもには、マッチやライターで遊ばせない。
⑥電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない。
⑦ストーブには、燃えやすいものを近づけない。hinoyoujin

2016%e7%81%ab%e7%81%bd%e4%ba%88%e9%98%b2%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

危険物取扱者試験(乙種4類)受験準備講習会を実施しました

平成28年10月7日に鯖江市嚮陽会館 大会議室にて、危険物取扱者乙種4類試験の受験者を対象に、準備講習会を実施しました。

受講者28名の方に、午前中は「危険物に関する法令」、午後からは、「基礎的な物理学及び基礎的な化学」と「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」を講義しました。

受講者のみなさん 本試験は頑張ってください。

dscn0633dscn0639

 

危険物取扱者試験(乙種4類)受験準備講習を実施します!!

危険物取扱者試験(乙種4類)受験準備講習

 日   時   平成28年10月7日(金)午前9時から午後5時まで

2 場   所   鯖江市桜町2丁目7-1 鯖江市嚮陽会館 

3 受講料等   6,340円(受講料2,000円、テキスト代4,340円)

4 申込期間   平成28年9月5日(月)から9月16(金)まで

5 申込場所   消防本部予防課(鯖江市西山町13-22)

6 お問い合わせ先 消防本部予防課 0778-54-9112

危険物取扱者試験 日程

試験日 受験地 電子申請の
受付期間
書面申請の
受付期間
試験種類 合格発表予定
平成28年
10月16日
(日)
福井市 8/29〜9/5 9/1〜9/8 甲種、乙種1・2・3・4・5・6類、丙種 平成28年
11月7日
(月)
小浜市 8/29〜9/5 9/1〜9/8 乙種1・2・3・4・5・6類、丙種   〃
大野市 8/29〜9/5 9/1〜9/8 乙種4類、丙種   〃
平成28年
10月23日
(日)
福井市 8/29〜9/5 9/1〜9/8 甲種、乙種1・2・3・4・5・6類、丙種 平成28年
11月14日
(月)
敦賀市 8/29〜9/5 9/1〜9/8 乙種4類   〃
越前市 8/29〜9/5 9/1〜9/8 甲種、乙種1・2・3・4・5・6類、丙種   〃

 

 

           

  

 

電力の需給ひっ迫に伴う停電時の対応について

 気温の上昇による電力需要増に伴う電力供給不足や大規模停電時の消防用設備等や危険物施設の維持管理方法を確認しましょう!!

① 消防用設備等が停電時に作動しない場合に備えた対応
 非常電源の容量を超えて停電が続く場合があるので、消火器等の設置場所や使用手順を確認しましょう。
 また、防火対象物関係者による避難誘導体制を確認しましょう。

② 消防用設備等の非常電源機能の確保
 非常電源の稼働可能時間の確認や、自家発電設備の燃料や使い方を確認をしましょう。

③ 危険物施設の保安管理
 危険物施設が停電となった場合に備えて、停電時の対処方法について確認しましょう。

 
④ 119番通報の確保
 IP電話やFAX機能付きの電話等の一部の電話機が使用できないことがあるので、あらかじめ別の方法で通報できるよう確認しましょう。

 

お問い合わせ

消防本部予防課 電話 54-9112