カテゴリー別アーカイブ: 火災予防

消防本部予防課・消防署防火指導課

【消防本部予防課・消防署防火指導課】

新着情報 講習・研修 自衛消防訓練 設備点検

違反対象物公表制度 公表制度(公表建物一覧表)

消防法改正 危険物

住宅用火災警報器 その他 Q&A

掲 示 板

建物全焼火災多発!

 年末年始にかけ、火災が相次ぎました。管内でも暖房器具を使用している事業所も多いと思います。

〇暖房器具は正しく使用していますか?

〇暖房器具の周りに燃えやすいものはありませんか?

〇暖房器具をつけたままその場を離れていませんか?

〇不具合のある暖房器具をそのまま使用していませんか?

みなさんの心の中に、もし「ちょっとだから、まぁいいやろ」が芽生えたら・・・一呼吸おいて、「ちょっとでも気をつけなあかんな!」と気持ちの切り替えをお願いします!それが火事を防ぐ一助になります。

かに茹で場の立入検査を実施しています

11月6日より越前がに漁が解禁されます。それに併せて平成30年10月29日から11月5日までの間、管轄内35ヶ所のかに茹で場の立入検査を実施しています。

かに茹で場の責任者等が立ち会い、火気を取り扱う設備を中心に、ガスバーナーに損傷はないか、規定に定められている消火器は設置されているか、ガスボンベや灯油タンク等が安全に設置されているかなどを検査することにより、火災、事故を未然に防ぐことを目的としています。

 

道の駅「越前」にて「働く乗り物大集合!」

平成30年10月21日(日)9時から16時まで、丹生郡越前町厨、道の駅「越前」にて「働く乗り物大集合!」が好天に恵まれた中で開催されました。

消防車1台と可搬式ポンプ積載車(総務省消防庁より貸与)1台を展示したところ、たくさんの方にご来場いただきました。

2018car022018car01

2018car03

平成30年春の火災予防運動を実施します!!

「実施目的」 
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。
☆火災を発生させないため、火の用心7つのポイントをお守り下さい。
<火の用心 7つのポイント>
①家のまわりに燃えやすいものを置かない。
②寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。
③天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
④風の強いときは、たき火をしない。
⑤子どもには、マッチやライターで遊ばせない。
⑥電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない。
⑦ストーブには、燃えやすいものを近づけない。
 
hinoyoujin

平成29年度越前町防火ポスター特別賞、火災予防標語最優秀・優秀賞が決定しました!

 越前町内小学校の児童さんから防火ポスター576点、越前町内中学校の生徒さんおよび一般の方から、火災予防標語224点の作品応募をいただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 火災予防標語審査会は、8月22日(火)午後3時から丹生分署2階会議室にて行われました。

ホームページ写真

火災予防標語審査会の様子

 

 防火ポスター審査会は、9月7日(木)午後4時から丹生分署2階大ホールにて行われました。

ホームページ写真1

防火ポスター審査会の様子

 

【審査の結果は次の通りです。】

【防火ポスター】

  特別賞作品12点、特選作品27点、入選作品60点が選ばれました。

 なお、【町長賞】萩野小学校6年 北島 美羽(きたじま みはね)さんの作品は、福井県防火ポスター作品募集へ応募いたします。

【火災予防標語】

  最優秀賞1点、優秀賞5点、優良賞17点が選ばれました。

 

 防火ポスター特別賞と火災予防標語最優秀・優秀賞の作品はこちらをご覧ください。

平成29年度火災予防標語最優秀・優秀賞受賞作品←クリック

平成29年度越前町防火ポスター特別賞受賞作品←クリック

受賞されたみなさん、おめでとうございます。

表彰式は、10月17日(火)午後4時30分から丹生分署にて行われます。

 

 

住宅密集地域火災防御訓練を実施!

 平成29年4月23日(日)に鯖江市屋形町、および鯖江公民館周辺一帯において、消防車両18台、消防職・団員150名、地元区民110名が参加し、住宅密集地域火災防御訓練を実施しました。

 この訓練は昨年12月に発生した新潟県糸魚川市での火災、ならびに今年2月に越前市蓬莱町で発生した火災を受けて実施したもので、当日は、消防署・消防団が連携した車両の配置、人員体制、飛び火の警戒、周辺建物への注意喚起、必要に応じた緊急避難の指示などの体制を確認し、住宅密集地域火災の延焼拡大防止対策の徹底を図りました。

 また、地元区民による通報訓練、避難誘導、炊き出し、初期消火訓練も同時に行われ、自主防災組織の充実を図りました。

 IMG_4664

IMG_4698

P4230733

IMG_4680

IMG_4704

IMG_4657

IMG_4685 

IMG_4683

平成29年春の火災予防運動を実施します!!

実施期間 平成29年3月20日(月)から26日(日)までの7日間

「実施目的」 
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。
☆火災を発生させないため、火の用心7つのポイントをお守り下さい。
 
<火の用心 7つのポイント>
①家のまわりに燃えやすいものを置かない。
②寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。
③天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
④風の強いときは、たき火をしない。
⑤子どもには、マッチやライターで遊ばせない。
⑥電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない。
⑦ストーブには、燃えやすいものを近づけない。hinoyoujin
 

文化財防火デーに伴い、文化財防火立入検査を実施しました!

 当消防組合管内である鯖江市と越前町の文化財を護るために、鯖江市役所や越前町役場および北陸電力丹南支社の職員の方々と合同で防火立入検査を実施しました。

 今回は8つの文化財を回り、火気の適正な管理や出火防止対策等の防火防災体制の確認を行いました。

IMG_5679

IMG_5729

 

IMG_3213

IMG_3219

IMG_3222

※「文化財防火デー」とは

昭和24年1月26日に、法隆寺金堂から出火した火災によって、世界的な至宝と言われた金堂の壁十二面に描かれた仏画の大半が焼損しました。このような被害から文化財を守るとともに、国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図るため、昭和30年から、消防庁と文化庁の共唱により、法隆寺金堂が焼損した日である1月26日を「文化財防火デー」と定めて、文化財防火運動を全国で展開しています。  

 

ストーブによる住宅火災が毎年発生しています~石油ストーブは給油時に、電気ストーブはつけっぱなしにご注意ください~

 製品評価技術基盤機構(NITE)によると、家庭で使う電気ストーブなど暖房機を巡る事故が今年3月までの約5年間で975件あり、誤った使い方や不注意による事故が目立っているとして注意を呼び掛けております。事故の多くは火災を伴い、火災や一酸化炭素中毒など85件で計95人の尊い人命が失われておりますので、使用方法を今一度確認してください。

 特に、暖房機を使用するときは、近くに可燃物を置かず、外出や就寝時には電源を切り、給油時はカートリッジタンク等の蓋が確実に閉まっているか確認してください。 

かに茹で場の立入検査を実施しました。

 11月6日(日)の越前がに漁の解禁に伴い、かに茹で場の立入検査を実施しました。

img_2035

 越前町は「越前がに」の水揚げが最も多く、鮮魚店や料理店など、かに茹で場が約40施設あります。繁盛期を迎えるにあたり、ガスや灯油ボイラーの配管、灯油タンクなどの亀裂や損傷を点検し、防火意識の高揚を図っています。

img_2034

平成28年秋の火災予防運動を 実施します!!

実施期間 平成28年11月9日(水)から15日(火)までの7日間

「実施目的」 
 この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、もって火災の発生を防止し、高齢者等を中心とする死者の発生を減少させるとともに、財産の損失を防ぐことを目的としています。
☆火災を発生させないため、火の用心7つのポイントをお守り下さい。

<火の用心 7つのポイント>

①家のまわりに燃えやすいものを置かない。
②寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。
③天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
④風の強いときは、たき火をしない。
⑤子どもには、マッチやライターで遊ばせない。
⑥電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない。
⑦ストーブには、燃えやすいものを近づけない。hinoyoujin

2016%e7%81%ab%e7%81%bd%e4%ba%88%e9%98%b2%e9%81%8b%e5%8b%95%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

電力の需給ひっ迫に伴う停電時の対応について

 気温の上昇による電力需要増に伴う電力供給不足や大規模停電時の消防用設備等や危険物施設の維持管理方法を確認しましょう!!

① 消防用設備等が停電時に作動しない場合に備えた対応
 非常電源の容量を超えて停電が続く場合があるので、消火器等の設置場所や使用手順を確認しましょう。
 また、防火対象物関係者による避難誘導体制を確認しましょう。

② 消防用設備等の非常電源機能の確保
 非常電源の稼働可能時間の確認や、自家発電設備の燃料や使い方を確認をしましょう。

③ 危険物施設の保安管理
 危険物施設が停電となった場合に備えて、停電時の対処方法について確認しましょう。

 
④ 119番通報の確保
 IP電話やFAX機能付きの電話等の一部の電話機が使用できないことがあるので、あらかじめ別の方法で通報できるよう確認しましょう。

 

お問い合わせ

消防本部予防課 電話 54-9112

 

エアコンや扇風機の火災にご注意!!

 6月も終わりを迎え、今後ますます暑くなりエアコンや扇風機を使用する機会が増えてきます。しかし例年、「エアコンの電源コードの改造・テーブルタップの使用による延長接続・洗浄液の漏れ」や「扇風機の経年劣化」等による火災が後を絶ちません。必ず正しい使用方法を理解し、不具合がないかを確認してから使用して下さい。senpuki01_01

 

詳細は下記のページからご確認ください。

【独立行政法人 製品評価技術基盤機構】

危険物施設訓練を実施しました

平成28年度「危険物安全週間」に伴う、危険物施設訓練を6月10日(金)KBセーレン株式会社北陸合繊工場において実施しました。防火管理者や危険物保安監督者を中心とした施設側の自衛消防隊と消防署消防隊とが、実際の災害時の活動において密な連携が取れるよう、訓練を通して確認しました。

訓練の様子はここをクリックして下さい。

火災が多発しております!ご注意を!!

6月に入り(6月7日現在)4件の火災が発生しております。昨年の同時期に比べて、9件も多くなっております。

火の取り扱いには、十分注意をしてください。

特にたき火は、常に監視をし消火準備をして、終わり次第完全に消火してください。また、火花が出る器具の使用は、空気が乾燥しているときは、なるべく控えましょう。

P3080009 P8250003 IMG_6575

火の取り扱いに注意してください!!

 福井県では、春先から夏に向けて空気が非常に乾燥する日が多くなります。このような時、野焼き・家庭ごみの焼却をすると想像以上に炎が拡大し、消火することが困難になります。また、突然の強風にあおられて、近くにある建物などに燃え移る可能性が高くなり、大切な財産などを一瞬にして奪い去ってしまいます。最近でも、管内において野焼き・家庭ごみの焼却が原因の出動が4件発生していますので注意が必要です。

 今一度、火の取り扱いに十分注意してください!!

 焼却の際に出る煙は付近住民への迷惑となります!!

P8250003    P3080009

※野焼き(特別な場合を除く)や家庭ごみの焼却は環境的な問題からも原則「禁止」されています!!

消防フェア~集え!未来の消防士~が開催されました!

 3月21日(月・祝)、越前町下河原にある丹生分署で春の火災予防運動に伴うイベントが行われました。

 体験コーナー、救急救助訓練見学、非常食試食あわせて2時間という短い時間でしたが約400名の方にご来場いただき、防火防災について楽しみながら学んでいただきました。

 体験コーナーは、放水体験、防災かるた、煙体験、心臓マッサージ体験、資器材展示、消防車両展示、防火防災映画上映のコーナーがあり訪れた方からは「貴重な体験ができて良かった。」などの意見が聞かれました。

放水体験
放水体験
煙体験
煙体験
消防車両見学
消防車両見学
救急車見学
救急車見学
防火防災映画上映
防火防災映画上映
防災かるた
防災かるた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   救急救助訓練は、高いところから隊員と要救助者が救出される様子を目の当たりにした見学者からは「すごい!」「かっこいい!」といった歓声が上がっていました。

救急救助訓練
救急救助訓練

 

 非常食の試食をされた方からは、「水やお湯を加えるだけでこんなに美味しく出来上がる非常食があるなら、ぜひ備えておきたい。」といった意見が聞かれ、防災への意識が高まったようでした。

非常食試食
非常食試食