カテゴリー別アーカイブ: 消防署

消防署関連の新着情報

危険物移動タンク貯蔵所並びにミニローリーの検査を実施します。

次の日時場所において、みだしの検査を実施します。
日時:令和4年10月18日(火)、19(水)午前9時~午後4時
   場所:鯖江市神明健康スポーツセンター東側駐車場

日時:令和4年10月20日(木)、21日(金)午前9時~午後4時
   場所:丹生分署、北中山分遣所、朝日分遣所、越前分遣所

※鯖江・丹生消防組合管内を常置場所とする移動タンク貯蔵所およびミニローリ ーが対象となります。
※移動タンク貯蔵所には、①完成検査済証、②定期点検記録、③譲渡・引渡の届出書、④品名・数量又は指定数量の倍数の変更の届出書を備え付けておいてください。(③、④は該当する場合に限ります。)

※危険物の運搬車両、LPガス運搬車両につきましては対象外となります。

【火災に注意】災害時に役立つ携帯発電機・カセットこんろ・モバイルバッテリーの使用について

災害時に役立つ携帯発電機・カセットこんろ・モバイルバッテリーですが、使い方によっては火災が発生する可能性がありますので注意してください。詳細は次のHPを参照してください。
URL: 000139989.pdf (nite.go.jp)
            引用 独立行政法人製品評価技術基盤機構 のHPより

【火災に注意】充電器の使い回しで充電式ライトが発火する危険性があります!

充電式ライトを他製品の充電器で充電してしまうと発火に至る可能性がありますので注意してください。詳細は次のHPを参照してください。
URL: https://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2022fy/prs22082501.html
            引用 独立行政法人製品評価技術基盤機構 のHPより
 

令和4年度 予防関係講習会日程表の一部変更について

 予防関係講習会の日程について、危険物取扱者試験乙4試験準備講習(第2回)の日程が変更になりましたのでお知らせします。
(変更前)令和4年11月2日(水)
(変更後)令和4年11月4日(金)
※受付期間は変更ありません。

令和4年度予防関係講習会日程表

第47回福井県消防救助技術大会に出場しました。

令和4年7月1日(金)福井県消防学校において開催された「第47回福井県消防救助技術大会」に鯖江・丹生消防組合の代表として、基本訓練の部「ロープブリッジ渡過」に4名。「はしご登はん」に4名。連携訓練の部「ロープブリッジ救出」に2チーム8名の総勢15名が出場しました。
 次のステージである第50回消防救助技術東近畿地区指導会(京都市消防活動総合センターで開催)まであと一歩届きませんでしたが、個人6名と団体2チームが上位入賞を果たしました。
 熱い訓練で培った技術と精神力は、今後の現場で大いに発揮し、住民の皆さまの期待に応えられるよう頑張っていきます。応援ありがとうございました。
 また、令和4年7月11日(月)消防長から入賞者に対し表彰伝達が行われました。

第47回福井県消防救助技術大会出場に伴う激励会を開催しました。

 令和4年6月20日(月)消防訓練所と丹生分署において、第47回福井県消防救助技術大会に出場する選手たちへの激励会を開催しました。
 これまでの訓練の成果を披露し、佐々木管理者・青柳副管理者をはじめ、OB会長、寺澤消防長から激励の言葉をいただきました。
 出場選手は、鯖江・丹生消防組合の代表としてOneTeamで挑み、好成績を誓いました。

佐々木管理者への訓練披露
青柳副管理者からの激励
訓練披露(ロープブリッジ救出)
訓練披露(ロープブリッジ渡過)
訓練披露(はしご登はん)
訓練披露(はしご登はん)
大会本番に向け頑張ります!

令和4年度鯖江・丹生消防組合消防吏員採用候補者試験を行います。

鯖江・丹生消防組合消防において、令和5年4月1日付で採用となる消防吏員を募集します。

詳細については下記の試験案内を参考に、必要な書類に記載のうえ、期日中に提出してください。

また、個別形式でのオンライン職場説明会を開催します。開催期間や応募方法

などについては下記に記載されていますのでそちらを参考に応募してください。

採用関係、職場説明会関係でご不明な点等ございましたら、

消防本部総務課(0778-54-9110)まで遠慮なくお問い合わせください。

令和4年度の危険物車両(移動タンク貯蔵所、ミニローリー)検査のお知らせ

 危険物車両検査につきましては、例年6月中に実施していたところですが、今年度は10月中旬に実施することとなりましたのでお知らせします。

令和4年度防火管理講習(第1回)を開催します

(開催日)
令和4年6月15日(水)、16日(木)

(受付期間)
令和4年5月16日(月)から6月3日(金)まで
※受付時間は平日の8時30分から17時15分になります。
※受講定員は50名です。定員に達し次第、締め切ります。

(開催場所)
鯖江市水落町2丁目25番28号 鯖江市文化の館 2階映像情報館

(受講対象者)
鯖江・丹生消防組合管轄市町内(鯖江市、越前町)の防火管理者が必要となる防火対象物の関係者で管理監督的な地位にある者。

(講習種別)
甲種防火管理者新規講習(日程の都合上「甲種」のみとなります。)

(受講料等)
受講料は無料ですが、令和4年度のテキストをお持ちでない方はテキスト代が必要になります。

テキスト代 4,120円
※受講日当日に振込用紙をお渡しします。

(注意事項)
・新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、本講習を中止する場合があります。
・講習は2日間にわたって開催されます。1科目5分以上の遅刻又は途中退席があった場合は資格が付与されません。

(問合先)
消防本部予防課 担当 水野、北島、永岩
0778-54-9112

(申請書等)
詳細は、次のファイルをダウンロードしてご確認ください。
○防火管理講習 受講案内
○受講申請書(WORD版)
○受講申請書(PDF版)
○受講申請書(記入要領)
☆新型コロナウイルス感染症等への対応について

消防職員の立入検査へご協力をお願いします!

 消防署では1年を通じ事業所への立入検査を実施しています。
 消防職員が行う立入検査は消防法第4条および第16条の5に基づき行っているものですが、その目的は「火災の発生を未然に防ぐこと」「火災発生時の人命危険を排除すること」「危険物の漏えいを未然に防止すること」にあり、ひいては住民の生命財産を守ることに繋がるとの信念で行っています。 
 

 

消防用設備等の点検を行いましょう❕

 工場、事業所、飲食店、店舗、旅館、学校等の防火対象物は、定期的に設置されている消防用設備等の点検を行う義務があります。消火器や自動火災報知設備、誘導灯等の消防用設備等は定期的な点検を行わないと、“いざ”というときに作動しなかったり、使えなかったりするなど、大切な生命・財産を失うことに繋がります。
 詳細は下のパンフレットをご覧ください。

消防用設備等の点検に関するパンフレット

 消防用設備等の点検は、点検アプリを利用することで専門資格がない方でも、自分で点検と消防署へ提出する報告書の作成ができます。 (建物の規模、設置してある消防用設備等の種類によっては使用できないものもあります。)

消防用設備等点検アプリに関するパンフレット

鯖江市消防出初式を実施しました

 1月8日(土)、嚮陽会館にて鯖江市消防出初式を実施しました。本来なら消防車両による市中パレードや、一斉放水を広く市民の方々に披露しますが、新型コロナウイルス感染状況を鑑み、式典のみを実施しました。
 式典では鯖江市長、鯖江消防団長が団員の長年の功績を讃え表彰し、鯖江市議会議長より御祝辞を頂くなど、関係者一同、火災予防の啓発に決意を新たにしたところです。
 市民の皆様に対しましては、今年1年の無火災を祈念し、「火の用心のお札」を鯖江・丹生消防組合消防署のロビーにご用意させて頂きました。
 「火の用心のお札」は松阜神社で御祈祷頂きましたお札で、1年間の無火災を願うものです。ご希望の方は、ご自由にお持ち帰りください。

林野火災防ぎょ訓練

 鯖江・丹生消防組合消防署は3月15日(月)、近年登山者が増えている鯖江市石生谷町の三床山(山頂280m)で林野火災に備え防御訓練を実施しました。

 この訓練は3月20日~3月26日まで実施される「春の火災予防運動」の一環として行ったもので、春先は空気が乾燥し林野火災が非常に起こりやすい気象状況を踏まえ、消防隊の連携強化と、地域住民に対し山火事防止に関する意識の高揚および火災予防の啓発を図ることを目的に行いました。

 例年、鯖江消防団と合同で行っていますが、新型コロナウイルス感染防止のため、消防署員中心に行いました。訓練では昨年から運用開始したドローンにより火災現場を把握した後、狭い山道での給水車(10t)からの中継送水および小型動力ポンプや簡易水槽の設置、ジェットシューター等により消火作業を確認しました。

 これから暖かくなるにつれ、山に入る機会も多くなりますが、火の取扱いには十分に注意しましょう。

DSCN0513ホース延長

DSCN0544    簡易水槽設置、小型動力ポンプによる送水

DSCN0540      ジェットシューターによる消火活動

DSCN262340mmホースによる消火活動

 

 

 

 

旧規格消火器は、2021年12月31日までに交換が必要です。

消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、2011年1月1日の規格省令改正により既に型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められませんので、計画的な交換・リサイクルをお願いいたします。

※適応火災のマークが文字で表示されている消火器は、型式が失効した旧規格のものです。

0004_20181019

消防署見学(リモート)について

 例年、主に小学校の社会科学習の一環として、多くのみなさんに来庁していただいていますが、今年度については、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、消防庁舎内に入っていただくことを見合わせています。
 新たな試みとして、ZOOMなどのリモートソフトを活用した消防署見学を実施しています。※分遣所は除く

『リモート消防署見学のメリット』
・コロナウイルス感染拡大防止
 消防署に大勢で入ることがないため、密が発生しません。
・リアルタイム
 消防士とリアルタイムにやり取りが可能です。
 質問や疑問にも消防士がすぐに答えます。
・同時複数接続
 同時に複数の小学校が参加することが可能です。

 リモート消防署見学を実施された小学校からは、「児童たちが、実際に消防署見学をしているようだったととても喜んでいました」など、大変好評をいただいています。
 申込手順や準備物など、詳細については下記までお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ】
鯖江・丹生消防組合 消防署 庶務課
☎:0778-54-9113(直通)

住宅用火災警報器の点検をしましょう!!

住宅用火災警報器

あなたのお宅に設置されている「住宅用火災警報器」は正常に作動していますか?

交換の目安は設置から10年です。

家族を守る強い見方も、いざというときに鳴らないと意味がありません!

今一度点検していただき、確認をお願いします。

総務省消防庁HP 

https://www.fdma.go.jp/relocation/html/life/juukei.html

一般社団法人日本火災報知器工業会

https://www.kaho.or.jp/pages/keiho/page-keiho-01-01.html     

設置率 条例適合率
全国 83.1% 68.0%
福井県 96.3% 85.4%
鯖江・丹生消防管内 97.9% 75.0%

                  (令和3年6月1日時点)

※設置率とは、市町村の火災予防条例で設置が義務付けられている住宅の部分のうち、一箇所以上設置されている世帯(自動火災報知設備等の設置により住宅用火災警報器の設置が免除される世帯を含む。)の全世帯に占める割合です。

※「条例適合率:とは、市町村の火災予防条例で設置が義務付けられている住宅の部分すべてに設置されている世帯(同上)の全世帯に占める割合です。

消防士①住警器家族で取付

危険物【予防課・防火指導課】

・新型コロナウイルス感染症発生にともない、「消毒用アルコール」を各ご家庭等で使用されている方々へ【PDF

注意喚起消毒用アルコール

・塗料等危険物の貯蔵取扱いにご注意ください!【PDF

危険物の貯蔵取扱いについて_p001危険物の貯蔵取扱いについて_p002

・ガソリン携行缶の取扱いについて【PDF

携行缶リーフレット

・灯油ポリかんの取扱いについて【PDF

灯油ポリ リーフレット

・セルフスタンドでの給油に関する注意事項【PDF

セルフスタンド注意事項_p001セルフスタンド注意事項_p002

セルフスタンド注意事項_p003セルフスタンド注意事項_p004

セルフスタンド注意事項_p005