かに茹で場の立入検査を実施しています

11月6日より越前がに漁が解禁されます。それに併せて平成30年10月29日から11月5日までの間、管轄内35ヶ所のかに茹で場の立入検査を実施しています。

かに茹で場の責任者等が立ち会い、火気を取り扱う設備を中心に、ガスバーナーに損傷はないか、規定に定められている消火器は設置されているか、ガスボンベや灯油タンク等が安全に設置されているかなどを検査することにより、火災、事故を未然に防ぐことを目的としています。