職員の新型コロナウイルス感染について

6月15日(水曜日)、当消防職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

当該職員については、保健所から、住民やその他の職員は濃厚接触者に該当しない旨の判断を受けております。

すべての消防職員は、毎朝、体温測定などの健康観察、マスクの着用、手指消毒を行うとともに、執務室内や共用部分等を毎日複数回、消毒作業・換気を行うなど感染防止対策の徹底を図っております。

引き続き、職員の感染防止に向けた取組を徹底いたします。

なお、消防・救急・救助事案などの災害対応には万全を期しております。